はじめての分散型Witness候補をご紹介します

はじめての分散型Witness候補

今回、はじめてとなる分散型Witness候補を発表できることになり非常にうれしく思っています。

これはByteballにとって大きな節目です。分散型witnessは我々の戦略責任者であるValerius Coppensが取組んできた案件のひとつです。Byteball は新しいネットワークデザインであるため、分散化が思ったほど早く進みませんでした(新規の試みであるため、他プロジェクトからコピーすることができませんでした)。

迅速に分散化を進めるためにも、AまたはBいずれかの操作をお願いします。

今回の候補はこちらです。

A.候補がいいと思った場合、ウォレットのwitness設定に新アドレスを含めるよう設定を変更してください。こちらの動画で操作方法を確認できます。操作には1分もかかりません。

B.候補があまり良い選択ではないと思った場合、YoutubeにあるValeriusとのインタビュー動画にコメントして、皆さんと意見を共有してください。

現時点におけるコミュニティの反応はとてもポジティブで、ここ12時間における分散パブリック型witnessアドレスへの変換を含むトランザクションは23%にも上っています。しかしAかBいずれかのアクションを起こす人が多ければ多いほど良いです。もし何もしなければ、コミュニティが候補を支持するのか支持しないのか、明確にわかりません。

パブリック型witnessを選択するユーザーはネットワークデザインにおける重要な要素です。私達が知るかぎり、このシステムを導入するのはByteballが初めてです。他のプロジェクトでこの操作を求められることは、なかったかもしれません。

Witnessの役割については、こちらの動画で基本を詳しく説明しています。

スマートコントラクトのフォーミュラ

スマートコントラクトにフォーミュラを組り込む作業を開始しました。 これによって、Node.jsスクリプトを用いた(他プラットフォームと比較しての)使いやすさは維持しながら、スマートコントラクトをさらに強力なものにします。

助成金

プラットフォーム用アプリケーション開発をしたい方のための助成金があります

中国の新設ハブ

既存ハブのレスポンスが遅いというアジア圏ユーザーの声を受けて、中国に新しいハブが設置されました。 中国の新設ハブのアドレスはこちら:

hub.byteballtalk.cn/bb

あなたがアジア圏在住でByteballネットワークのトランザクションスピードを上げたい場合、ハブのアドレスを上記に更新してお試しください。

ミニ知識

byteball.org へのアクセスの中で2番目に多いのが中国からの訪問者です(1位は米国)。 中国ユーザーの多くがVPNを経由してアクセスしていると考えれば、中国からの訪問者が1番多いのかもしれません。

Explorer 用アップデート

エクスプローラにフィルター機能が追加され、アドレス間のトランザクションでアセットを非表示にできるようになりました。 これはスパムアセットを非表示にしたい場合に便利です (Byteballのオープンな設計により誰でも独自アセットとコインを発行することができるため)。


 

お読みいただきありがとうございました。