ICOのKYC需要にミート!/Byteballアドレスと本人確認情報を紐づけられるようになりました

原文はこちら

Bringing Identity To Crypto

暗号通貨に本人確認を

We partnered with Jumio to offer secure identity verification, which can be linked to a Byteball address and used on demand

私たちは安全な本人確認を提供するためにJumioとパートナーシップを結びました。これにより、要求に応じてByteballアドレスと本人確認をリンクさせることができます。

To be relevant in the real world, we need more anchors to the real world.One of them is identity.

暗号通貨と現実世界をつなげるため、私たちはもっと多くのアンカー(よりどころ)を必要とします。

その一つはアイデンティティです。

Starting today, every Byteball user can link his Byteball address to his real world identity.

今日から、ByteballユーザーはByteballアドレスと現実世界のアイデンティティをリンクさせることができるようになります。

The user’s personal data is verified by Jumio, the leading provider of identity verification services, and stored in the user’s Byteball wallet.

ユーザーのパーソナルデータはJumioによって立証され、Byteballウォレットに保管されます。Jumioは本人確認サービスの先導的なプロバイダーです。

At the same time, a hash of the personal data is stored on the public DAG and signed by a trusted attestor.

同時に、パーソナルデータのハッシュは公開されたDAG上に記録され、信頼された証人によって署名されます。

The attestor also serves as a witness, so it is already trusted.

証人はwitness(目撃者、立会人)も兼務しており、すでに信頼されています。

This attestation allows the user to prove to anybody that his Byteball address is linked to a verified person, without disclosing any personal information.

この立証によりユーザーは、彼のByteballアドレスが、認証済みの人物とリンクされていることを、誰にでも証明することができます。しかも個人情報を開示することなく証明できます。

It also allows to reveal the private information to individual service providers on demand, and the service provider can easily verify authenticity of this information using the hash stored on the public DAG.

また、必要に応じて個人情報を個々のサービスプロバイダーに開示することができます。サービスプロバイダーは公開DAGに記録されたハッシュを使ってこの情報の真偽を簡単に検証することができます。

How it works

仕組み

There is a new bot in the Bot Store: Real name attestation bot.

Botストアに”Real name attestation bot(実名認証ボット)という新しいボットがあります。

Verification is a paid service, it is $8.00 per verification attempt (paid in Bytes).

ベリフィケーション(検証/認証)は有料サービスです。1回の認証に8ドル分のBytesがかかります。

If the verification is successful and you verify for the first time, you get a $20.00 reward (in Bytes) from the distribution fund, which is more than the verification fee.

初回利用特典として20ドル分のBytesを分配用のファンドから受け取ることができます。この報酬は認証料(8ドル)よりも高いです。

Read the bot’s instructions carefully, have your ID ready, make sure your device has a camera.

ボットの説明を注意深く読み、あなたのIDを準備し、あなたの端末にカメラがあるか確認してください。(IDは、パスポート・運転免許・その他のアイデンティティカードから選択できます)

After paying the verification fee, you are redirected to Jumio for the actual verification.

認証料を支払うと、Jumioのサイトにリダイレクトされます。

You’ll need to show your ID in front of the camera and make a selfie.

あなたのIDをカメラの前に見せて、セルフィーを撮ってください。

After the photos are taken, Jumio will process them to ensure that the ID was not tampered with and it matches the selfie.

写真が撮られた後、JumioIDが改ざんされたものでないか、セルフィーと一致しているかを確認します。

Usually this is done automatically and takes just a few minutes, sometimes manual verification is also necessary and it takes more time.

通常この作業は自動で行われ、ほんの数分で終わりますが、場合によっては手動で行うことがあり、その際はもう少し時間をいただきます。

After Jumio has done its work, the bot notifies you about the result.

Julioがこの作業を完了させた後、ボットはあなたに結果を通知します。

If the verification was successful, the bot posts the attestation record to the DAG (it contains only a hash of the personal information unless you explicitly requested it to be published) and you are prompted to save the personal information in your wallet for future use:

この認証が成功したら、ボットは認証レコードをDAGに記入します。DAGは、あなたが公開するように明確に要請した場合を除いて、個人情報のハッシュのみを含みます。

そしてあなたは、将来の使用に備えてあなたのウォレットに個人情報を保存するように促されます。

Click the profile to save it:

保存するにはprofileをクリックしてください

Now, when you want to reveal the personal data to somebody else or a bot, you just take it out of your wallet like you take your physical ID out of your physical wallet:

他の誰かやボットに対してパーソナルデータを開示したい時は、それをウォレットから取り出すだけでいいのです。(リアルな)財布からIDを取り出すときみたいに。

and select the fields you want to share:

そしてシェアしたい項目を選択してください:

(項目は、姓・名・誕生日・国・IDナンバー・IDタイプから選択できます)

This way, you have total control who you share your data with, and what fields.

このように、あなたは自分のデータを誰とシェアするか、どの項目をシェアするかを完全にコントロールできます。

All real-name attestations are posted from address I2ADHGP4HL6J37NQAD73J7E5SKFIXJOT, which is also a witness.

すべての実名認証は I2ADHGP4HL6J37NQAD73J7E5SKFIXJOT というアドレスからポストされます。このアドレスもwitnessです。

Non-US attestation

If the attestation bot sees that you are not a US citizen and the IP address you used during verification on the Jumio site is also non-US, it offers to attest the fact that you are not a US citizen or resident.

もし認証ボットが、あなたがアメリカ市民でなく、Jumioのサイトで使用しているIPアドレスがアメリカのものでないと認識したら、ボットはあなたがアメリカ市民でも居住者でもないという事実を立証するよう提案します。

This attestation can be used by ICOs that want to avoid the US extraterritorial jurisdiction and allow only non-US users to invest into their token.

この”非アメリカ”証明はICOで使用することができます。ICOがアメリカの域外管轄権を避けたいと考えており、アメリカ以外のユーザーのみが彼らのトークンに投資できるようにしたいと考えるような場合に。

This restriction can be applied even to secondary markets by requiring in the asset definition that the user must be attested by C4O37BFHR46UP6JJ4A5PA5RIZH5IFPZF, which is the address of the attestor who posts the ‘non-US’ attestation.

アセット(資産)の定義内で、この制限方法は流通市場にも応用することができます。この制限方法では、非アメリカ認証を提供する認証者のアドレスC4O37BFHR46UP6JJ4A5PA5RIZH5IFPZF がユーザー認証を要求します。

var asset = {

….

spender_attested: true,

attestors: [“C4O37BFHR46UP6JJ4A5PA5RIZH5IFPZF”]

};

See developer docs about issuing assets.

こちらのドキュメントを参照してください。

Use cases

ユースケース(使用例)

The immediate and most obvious use case where identity verification can be readily applied is ICOs.

証明が容易に適用される、当面の、かつ最もはっきりとした使用例はICOです。

The demand is already there, many recent ICOs already require KYC for their investors but have to do it manually or develop ad-hoc solutions.

需要はすでにそこにあります。最近のICOの多くは投資家にKYC(Know Your Customer)を要求しますが、それを手動で(またはその場しのぎのソリューションを開発して)行わなければいけません。

In the near future, the market pressure towards transparency and regulatory pressure towards KYC/AML compliance are going to increase the demand.

近い将来、透明性を求める市場の圧力や、KYC/AMLコンプライアンスの規定を求める圧力が、KYCとAML(anti-money laundering)の需要を高めることでしょう。

So, we are launching this product at the right time.

そう、私たちはこのプロダクトをちょうどよいタイミングでローンチしたと思います。

Our ICO bot is already fully functional with its ability to accept investments in Bytes, BTC, and ETH and immediately issue the new tokens.

私たちの(既存の)ICOボットはすでに、Bytes・BTC・ETHでの投資を受け入れてすぐに新しいトークンを発行でき、十分に機能的です。

And the option to verify investors will be added soon.

投資家を認証するオプションも間もなく追加されます。

Other applications that can make use of secure identity:

安全なアイデンティティを使うことのできる他のアプリにはこのようなものがあります:

  • fraud screening for credit card payments;
  • lending;
  • age checks for age-restricted services (only the date of birth needs to be revealed, all other personal data may stay private).

・クレジットカード決済における不正使用のスクリーニング

・レンディング(お金を貸すこと)

・年齢制限のあるサービスにおける年齢チェック(この場合、開示する必要があるのは誕生日のみです、他のパーソナルデータは秘密にしておけます)

And we’ll use identity ourselves to distribute Bytes in a more egalitarian but still abuse-free way. Read the next article about the new distribution methods.

私たちはアイデンティティをBytesの分配にも使用する予定です。その分配は悪用・乱用されることなく、もっと平等な方法で行われます。新しい分配方法については次の記事をお読みください。