いざという時泣かないために!Byteballウォレットのバックアップを取ろう

今回はByteball公式ウォレットのバックアップ方法について説明したいと思います。
(今回も@taigokuriyama さんのブログ記事を元に作成させていただいております!)

バックアップ方法は二つあります。

フルバックアップ
フルバックアップは、データをすべて一つのファイルにまとめて暗号化することです。
フルバックアップは、ウォレットのデータ全てをバックアップすることができます。
BytesはもちろんBlackbytesやマルチシグウォレットも復元することができます。
定期的に(特にアプリのバージョンアップ前に)フルバックアップをすることをお勧めします。

シードのバックアップ
word1 word2 word3 … word12
シードとはウォレットの種で、秘密鍵を12個の単語に暗号化したものです。
復活の呪文のようなものです。
デバイスをなくしても、この呪文を別のデバイスに入力すれば、bytesなど最低限のものが復元できます。Blackbytes等のプライベートアセット、マルチシグのウォレットを戻すことはできないため注意が必要です。

具体的な方法は以下をご覧ください。

フルバックアップの方法

ウォレットの左上のハンバーガーメニューをクリック

SETTINGSをクリック

Full backupをクリック

パスワードを設定し、圧縮の有無を選択してEXPORTボタンをクリック

パスワードはフルバックアップから復元する時に必要となりますので、忘れないように注意しましょう。

ファイルの保存場所を選択します。安全な場所を選びましょう。

以下のようなファイルが生成されます。

フルバックアップからの戻し方

Restore from full backup をクリック

バックアップファイルを選択し、バックアップ時に設定したパスワードを入力、IMPORTボタンをクリック

下記画面が出れば成功です。

多くの暗号通貨に共通して言えることですが、自分の資産は自分で守る必要があります。仮にバックアップをとっておらず、保有していたByteballが使用できなくなった場合、それは自己責任であることを理解しておくことが重要です。

シードバックアップの方法は、 @taigokuriyamaさんのブログをご参照ください。